ビズ ダイレクト
利用者ログオン 管理者ログオン 体験版はこちら
インターネット払込サービス
ログオン

会員制サービス一覧

ウイルスや不正アクセスからガード。nProtect:Netizen

  • 手数料
  • 金利
  • 為替相場
  • 投資信託販売ランキング
  • よくあるご質問
  • お問い合わせ・ご相談
  • 店舗・ATM検索
  • ビジネスセンター
  • 金融円滑化について

ホーム > 法人のお客さま > 資金調達 > シンジケートローン

シンジケートローン

大規模な資金調達をまかせたい。

当行が、お客さまに代って資金調達のため、金融機関のとりまとめをおこないます。
多数の金融機関との個別交渉の必要がなく業務の効率化を図ることができます。

シンジケートローンとは

お客さまに対し、複数の金融機関が協調融資団を組成し、同一の条件で貸付等の信用供与をおこなう方法です。間接金融と直接金融の間に位置づけられる商品で、市場型間接金融とも呼ばれています。

シンジケートローンのメリット・デメリット

  • メリット
    • 多額な資金調達への機動的対応が行えます。
    • 調達手段・調達先の多様化が図れます。
    • 金利・担保など貸出条件の一元化・均一化が図れます。
    • 契約事務、元利支払事務コストの削減が図れます。
    • 資金効率の向上が図れます。
  • デメリット
    • 手数料の支払が生じます。
    • 表明保証、誓約義務の明記等による義務と責任が明確化されます。

コミットメントラインとは

お客さまが、いつでも、一定金額まではいくらでも、前もって定められた金利等の条件で、機動的に借入れが行えるという枠の設定を銀行から確保する権利です。単独の金融機関と契約締結されるよりは、シンジケートローンにより組成されるものが中心です。

シンジケートローンの主な種類

  • ターム・ローン型
    期限付き貸出です。契約当初より実際の貸出が発生し、中長期貸出が中心です。
  • コミットメント・ライン型
    広義では、金融機関団による貸出枠の明示的供与。期間は1年が主流です。コミットメントの対価として融資枠の未使用分についてコミットメント・フィーをお支払いいただく方法と融資枠の極度に対してファシリティ・フィーをお支払いいただく方法があります。
  • コミットメント付タームローン型
    一定の契約期間(コミットメント期間)内に分割貸出が可能な融資枠を設定し、コミットメント期間終了時に融資総額をタームローン(証書貸付)へ変更する融資契約のことをいいます。

平成24年9月28日現在

ページのトップへ戻る